北摂の結婚式場まとめ〜4つの式場を紹介します〜

デート

こちらのページを見ているということは、結婚式場を探していると思います。結婚式場を決めるって楽しいけど選択肢が多すぎて、大変ですよね。。

私もそうでした。
ゲストハウス?ホテル?
人前式?キリスト教式?
なんじゃそれ??
始めて聞く言葉ばかりでした。

初めてばかりの経験の中で、どの式場で挙式/披露宴をするのか決めないといけません。大変だ。その中で、大阪北摂の結婚式場を選択肢に入れている理由は、新大阪からのアクセスが良いから、北摂に縁があるから、恐らくこの2つのどちらか、若しくは、両方でしょう!

私も北摂に縁があり、また、アクセスが良いので、北摂で式場を探しました。北摂には大きく4つの式場があります。その中で、3つの式場のフェア(見学会)に参加をしたので、その時に感じたことを書いていこうと思います。

1.MiaVia(ミアビア)〈吹田市〉

大阪、北摂、江坂で完璧な結婚式を挙げられる予感。

まずは、チャペルが素晴らしい。言語力に乏しい私が伝えるより写真でまずは見ていただきたい。

このチャペルを現地で見ると感動します。幻想的であり、他とは違う独特な雰囲気があるので、新郎新婦にも、参列者にも思い出に残る挙式になると思いますね。

そして、料理についても、「美味しい」の一言。ここが初めて参加したフェアということもあり、感動しました。ミヤビアの料理は特に若者に満足してもらえる「味付け」や「見た目」であります!写真は下記です。

スタッフさんの心遣いも気持ちよく、「ここにしたい!」と思いましたが、見積もりの値段を見て、少し高いなと思いました。

ミヤビアは相場より高いです。

しかし、値段を考慮しても、私は素晴らしい式場だと感じています。お金に余裕があり、30人以上の参列者を呼ぶ予定の方にオススメです。

〈URL〉
https://www.mia-via.com

2.アニヴィルセル〈吹田市〉

式場のコンセプトは自然に囲まれたお城。

チャペルの青のカーペットが印象的でした。

洋服の青木でお馴染みのAOKIグループが運営している式場です。場所は江坂にあり、ミヤビアのすぐ近くにあるため、どうしても比較対象になる。

ミヤビアほど価格は高くないが、クオリティはミヤビアに落ちるという評価が正しいと思う。

けれども、ミヤビアの価格が圧倒的に高いだけで、相場的に見るとアニヴィルセルの価格もかなり高い部類です。

こちらもフェアに参加して、チャペルや料理を食べましたが、5段階の3〜4という印象。もちろん、チャペルも料理も素晴らしかったのですが、ミヤビアと比べてしまうと、普通、と思ってしまいます。

式場はコンパクトに収まっているので、こじんまり30人規模でやりたい人はオススメかと。悪い意味では、少し狭いと感じることもある。正直コスパは悪い。

〈URL〉
https://www.anniversaire.co.jp/wedding/esaka/

スポンサーリンク

3.千里阪急ホテル 〈豊中市〉

質実剛健な結婚式を挙げられる!

2025年に閉館が決まっているホテルです。しかし、歴史ある厳かな雰囲気のある式場でした。

料理はハッキリ言って微妙であり、所々古さを感じる設備でしたが、何より価格が安い!最高!そこは上の2つの式場には圧倒的なメリットです。

コスパはここが一番。古さはあると言っても、私は許容できる範囲でありました。スタッフの方も親身な方が多い印象です。

駅からも徒歩3分なのでアクセス完璧。緑溢れる式場なので、晴れた日は最高の式になります。

〈URL〉
https://wedding.senri-htl.co.jp

4.迎賓館 〈吹田市〉

公式HP引用

※ここはフェアには参加してません。
あくまでも口コミを読んだ感想です。

圧倒的な開放感のある式場。

口コミを熟読した限り「お金を掛ける価値のある式場」です。先程紹介したミヤビアと同じ系列が運営しておりクオリティはなるほど高い様子。

万博記念公園の奥にあるため、日常から解放され、ゆっくりとした時間が過ごせそうです。料理は食べてないですが、ミヤビアと同じ系列でしたら、間違いはないでしょう。

アクセスが少し難点。最寄駅の万博記念公園から徒歩で歩くのは無理があるので、多くは万博記念公園からタクシー、参列者は新大阪からシャトルバスになりそうです。

お金を掛けて多くの人を呼ぶ夫婦にオススメです。

〈URL〉
https://www.geihinkan.com

スポンサーリンク

以上4つの会場を紹介させてもらいました。北摂にはコンセプトや価格帯も様々な式場があり、皆さんの要望にあった式場があるでしょう。最終的には現地に足を運び、価格や雰囲気、プランナーさんの相性など、総合的に考えて後悔の少ない決断をして下さい。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました