真面目なサラリーマンの僕がパリピ(パーリーピーポー)から学んだ5つのこと

仕事

こちらのサイトでは、僕が職場のパーリーピーポーな諸先輩方から学んだことを書いていこうと思います。私が現在働いてる人事部の新卒採用担当は、約15名近く在籍しているのですが、揃いも揃って男女ともにパリピです。

ここでのパーリーピーポーの定義は以下です。

・クラブでお酒を飲んだり騒ぐ人
・大勢の友達とBBQなどのアウトドアに頻繁に出掛ける人
・要はとにかく遊ぶのが大好きな人

僕がパリピなら問題は無いのですが、残念ながら至って普通のサラリーマンです。大学時代は、パリピとはかけ離れた生活を送っていました。授業は休まず出席して、真面目なサッカーサークルと大学の広報団体に所属、アルバイトはパン屋でほのぼの仕事をしていました。

類は友を呼ぶ、今も仲良くしている友達も皆、真面目を絵に描いたような人物たちです。そんな環境からいきなりパリピの先輩しかいない部署に配属され、最初は戸惑うことばかりでしたが、半年経ち、やっと慣れてきました。そして、たくさんのことを学ばせて頂きました。学んだことは大きく分けて5つです。

1.身なりと整えることは当たり前

パリピの人は100%お洒落に関心があります。そして、服装と美容室に一定のお金をかけています。僕みたいにUNIQLOとQBハウスじゃありません(泣)

最初は別に今のままで良いじゃないかと思っていましたが、最近変わりました。パーリーピーポーは自分に自信のある服装を着ているからこそ、堂々と振る舞うことが出来ると分かったからです。なので、私も少しずつではありますが、お金を掛けてバリエーションのある服装を増やします。また、QBハウスでは無く、2000円〜3000円を掛けて、お洒落な髪型にします。

2.幹事は特権を得ることと同じ

パリピはとにかく幹事が大好きです。部署を跨ぐ飲み会でも率先して幹事に立候補します。私は幹事を率先してやりたくないので、今まで逃げてきましたが、最近はこの考えも変わりました。幹事は色んなことを学べます。

幹事は特権を得られます。色んな人に自分の名前を売ることが出来る点です。それが業務上、以外な所に役に立つこともあります。また調整能力も抜群に上がります。色んなメリットの多い幹事の大切さを教えて貰いました。

スポンサーリンク

3.美味しいご飯の話に外れなし

パーリーピーポーは皆んなお喋りが大好きです。しかし、皆んな同じ趣味を持っているはずがありません。なので、パーリーピーポーはよくグルメの話をしる印象があります。飲み会をよくしているので居酒屋などグルメの話題に強いです。

「◯◯のお店が美味しかった」
「あそこのパスタがオススメ」

などのグルメの会話はどんな人とも楽しく話せる魔法のトークです。僕は節約飯ばかりですが、たまに外食するので、その時はチェーン店ばかりではなく、穴場グルメも足を運ぼうと思います。

スポンサーリンク

4.人の好き嫌いをしないこと

仲の良いパーリーピーポーの先輩の言葉です。「人の良い点に目を向ければ、皆んな尊敬できる所がある。だから、どんな人にも敬意を持って接してるんだ。」

なるほどと思いました。パーリーピーポーは皆んなと仲良く出来て、凄いなと思っていましたが、そんな考えが根底にあるからこそ、人を好き嫌い無く、接することが出来るんだなと思いました。自分も見習っていきます。

5.人に頼ることは恥じゃない

最後ですが、これが一番学んだことです。パーリーピーポーは上手く人に頼ります。自分で時間を掛けて調べるより、知っている人に頼った方が、効率的だからです。

私のような真面目人間は総じて自分で何事も解決しようとしすぎです。だから、逆に仕事を遅くしてしまいます。パーリーピーポーは良い意味でプライドが無い。そんな所を僕は学んでいこうと思います。

スポンサーリンク

以上5点になります。全てが今すぐ真似できる訳ではありませんが、出来る限り実行しています。私のような生真面目人間の皆さんもパリピの人の良い点は見習っていきましょう!最後まで読んで頂きありがとうございます。ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました