さくら観光の夜行バスIM211Dに乗る人に役に立つ情報

旅行

今回は大阪梅田モータープールから横浜に行くさくら観光の夜行バスに乗りました。そのレポを書いていきます。

こんな人に役に立つ
・さくら観光について知りたい人
・夜行バス「IM211D 」に乗る人
・トイレ休憩がどこで何時何分に何回あるか知りたい人

1.さくら観光に運転手はいない

さくら観光は1928年創業の社員20名の会社です。福島県白河市に本社を置く観光旅行会社です。この会社は主にバスの予約の管理やバスの手配などの調整を行なっています。

(IM211D便)夜行バスを実際に運行している会社は別にあることが分かりました。「株式会社AT LINER」が実際にバスを運行しています。さくら観光のグループ会社です。

さくら観光が窓口となって、「予約の管理」や「バスの手配」をして、運転手を株式会社AT LINERが派遣しているのでしょう。バス会社にも色々な形態がありますね。

2.夜行バスIM211Dは快適なバス

夜行バスIM211Dは、三宮20:00梅田21:30京都22:45発⇒横浜・新宿に向かう夜行バスです。私は家が横浜に近いので、横浜行きの3列独立シートのバスを探してこのバスに辿り着きました。

さくら観光には11種類のバスがあります。写真の以下です。その中でIM211D便は「リラックス3」を採用しています。さくらクオリティエクスプレスの次に良いバスです。

さくら観光の3列独立シートの夜行バスは他に「TK32D」、「IM101D」、「IM105D」の3種類があります。名前のつけ方はよく分かりません(笑)

3.人気の席は明確に存在する

写真のA-01〜A-10が1番人気です。理由としては、窓際であり、トイレに行きやすいからです。座席の予約は500円の追加料金で可能です。

写真のC-01〜C-10が2番人気です。予約は400円の追加料金で可能です。A席に比べて人気が劣る理由としては、窓際ですが、トイレに行きづらいからです。一旦運転席に回るか、B席の空いている席を横切るしかありません。

写真のB-02〜B-10は3番人気です。理由しては、やはり窓際にもたれることが出来ないからですね。座席の予約をしないとここに回されます。乗車率の低い平日は特に予約をしなくてもA席かC席になります。ちなみに予約は200円で出来ます。

4.さくら観光は時間に厳しいよ

私は大阪梅田から乗車しました。前から2列目の真ん中の席でした。21時30分出発なのですが、どうやら1人遅れているとの連絡があることを運転手さん同士で話していました。

私はどうするのかな、と見ていたのですが、定刻通り21時30分ぴったりに扉を閉めて出発しました。1分でも遅れたら乗れません。10分前にはスタンバイしておきましょう。

梅田だけではなく、天神橋筋6丁目からも徒歩で向かうことが出来ます。電車の乗り継ぎ上、こちらが便利な人も多いと思います。頭の片隅に置いておくことをオススメします。

5.トイレ休憩するSAはこの3つ!!

トイレ休憩1つ目は土山サービスエリアです。渋滞も無く、到着時間は23時55分でした。休憩時間は10分で23時55分から24時05分までです。大きい方はゆっくり出来ません(笑)

トイレ休憩2つ目は浜松サービスエリアです。ここまで渋滞は無く、到着時間は深夜1時50分でした。休憩時間は25分間で深夜2時15分までです。ここで、やっとトイレをゆっくり出来ました!

トイレ休憩3つ目は海老名サービスエリアです。少し渋滞して、早朝4時50分です。休憩時間は10分間で、早朝5時00分までです。この休憩はぶっちゃけいらんかった。予定時間より遅れてたから、はよ着いて欲しい!!

 スポンサーリンク

6.休憩時の注意点

バスが休憩するサービスエリアに到着して、前方のカーテンが開くことが休憩の合図です(バスのアナウンスで言っていました)。しかし、休憩時間のアナウンスはありません。

バスの出発時間はバスの前方のフロントガラスに掲示されます。これを見逃したり、見誤ると命取りです。必ずしっかり時間を確認してトイレに行きましょう。

同じさくら観光の夜行バスが近くに停車していました。紛らわしく、寝ぼけて違うバスに乗る人がいました。便名をしっかり覚えておくと安心ですね。

7.さくら観光の個人的な嫌なところ

一つ目は休憩時間にライトが付くことです。確かにライトを付けないと足元が悪いので、危険なのですが、弱い光で十分だと思うのですよ。2時間に一回起こされるのは辛い。

二つ目は到着遅れてもアナウンスが無いことです。私の場合は予定の時間を20分遅れて到着しました。渋滞などで遅れるのは仕方ないですが、一言アナウンス欲しいな〜(笑)

三つ目は運転手のアナウンスが聞き取りづらいことです。まだ慣れてない人だったのかもしれませんが、何を言ってあるのか半分くらい分かりませんでした。

8.さくら観光の個人的に良かったところ

一つ目は人数カウントがあることです。サービスエリアで置き去りになる事件がよく起きていますが、そのトラブルは回避出来そうです。

二つ目はバスの機能としてリクライニングの角度が広いことです。リクライニングを全開にすれば、ほぼ180度で寝ることが出来ます。後ろの人への配慮しながら使いましょう。

9.オススメ度10点満点中6点

バス自体はリニューアルされたばかりということもあり、快適に過ごすことが出来ました!!清潔感があるバス車内でした。

運転手さんの対応が他のバス会社さんに比べて微妙でした。アナウンスの声が小さすぎて聞こえない、予定到着時間を過ぎてもアナウンス無し、などです。

結論、日曜日夜出発3列独立シート(大阪→東京)5990円と新幹線に比べると8000円も安いので、そんな小さなことは気にしてはいけません(笑)

 スポンサーリンク
以上です。最後まで読んで頂き、ありがとうございます😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました