星野リゾート トマムに行ってきた。

デート

新婚旅行に行ってきました。場所は北海道、「星野リゾート トマム」。新婚旅行なので、いつもと違うリゾート感覚を味わえる星野リゾート トマムを拠点にして、富良野や美瑛へ遊びに行きました。

懸念点はありました。関西にある某リゾートホテル(Nリゾート)に宿泊をして、人が多く、上手くアトラクションを巡ることができず、彼女(現在の妻)とイザコザを起こす苦い思い出があります。なので、今回は宿泊する数週間前から、レストランの予約や施設の全体像の把握を行い、入念な準備を行いました。その結果、なんとか大きなトラブル無く、良い旅になりましたので、備忘録的にここに書き残します。

今から「星野リゾート トマム」に行く人の役に立つことができれば幸いです。

自分達の旅行スケジュール紹介

まずは、自己紹介から。下記箇条書き。
・20代後半(子無し)
・2021年10月に3泊4日(木/金/土/日)
・ザ・タワーに宿泊
・新千歳空港からレンタカーで移動
・おおまかなスケジュールは下記
・1日目は星野リゾートを満喫
・2日目は雲海テラスと十勝でラフティング
・3日目は富良野/美瑛観光
・4日目は星野リゾートと夕張観光
・普通のサラリーマン
・新婚旅行なので少しは贅沢したい
・星野リゾートの宿泊は初めて

富良野、美瑛、夕張については最後にまとめて簡潔に書きます。
あくまでも「星野リゾート トマム」に焦点を当てて書いていきます。

星野リゾート トマムの歴史

星野リゾート トマムといえばタワーのようなホテルが象徴的。このホテルは最初から星野リゾートが経営しているわけではありません。バブル期にホテル アルファという会社が1980年代にオープンして運営をしていました。2000年代になってから経営破綻を経て、星野リゾートが運営を開始。なので、リゾートホテルですが、築30年以上経過しているので、特にザ・タワーには歴史を感じる古い設備が目立ちます。水回りには期待はしないほうが良いです。口コミでも書かれている通り、普通のビジネスホテルをイメージして、ハードルを下げたほうがガッカリしません。

スポンサーリンク

夏や秋の「星野リゾート トマム」は何するの?

トマムで楽しむスポットやイベントは下記。
これを制覇したらトマムを満喫したことになります。
・雲海テラス
・ファーム(牧場)
・ミナミナビーチ
・木林の湯
・水の教会
・季節のイベント※10月はハロウィン関連のイベント
・熱気球
・レストランで食事

私は上記の施設やイベントを楽しみました。一番オススメは「雲海テラス」。断言できます。しかし雲海を楽しめるかは、天気次第。2日〜3日に1回位は見れる確率。なので、連泊する場合、どの日に雲海が出ても、狂わないスケジュール作成が必要になります。これが難しい。

雲海テラス

まずはそのオススメの雲海について説明します。そもそも、雲海とは、言葉の通り、雲が海のように広がっている景色を指します。雲海の発生するためには、諸々条件があります。
下記5つ書きます。
・季節は春や秋
・時間帯は夜明け前~早朝
・気象は湿度が高く、無風状態・快晴であること
・気温は前夜の気温と早朝の気温に差があること
・場所は山間部や盆地など
原理もざっくり書きますね。
・放射冷却などで地面が冷える
・地面付近の水蒸気を含む空気が冷える
・無風で冷えた空気が溜まる
・空気中の水分が飽和状態を通り越して霧ができる

雲海が見られる場所は多くなく、トマム以外で有名な所は兵庫県の竹田城。そんな雲海がゆったり見れるトマムですが、なんといっても朝が早い。4時起床です。

ホテルからバスor自家用車でゴンドラ乗り場まで移動します。自家用車の人は、ゴンドラ乗り場までのルートを前日までに把握するようにしましょう。ゴンドラは早朝5時から営業開始ですが、口コミを見る限り、4時45分位からゴンドラは運行しているらしい。なので、4時30分にはホテルを自家用車で出発できるのが理想的。ザ・タワーからゴンドラ乗り場までの始発のバスは4時45分出発なので、それより早く着けば、より早く雲海テラスへ向かうことができます。

雲海テラスに行くと、まずは雲海カフェでコーヒーやココアを買って、雲海を見ながら飲むのが至福です。少しゆっくりして、諸々写真スポットを1時間位かけて歩きます。ただ歩けば20分位のコースですが、写真スポットは行列です。結局1時間位はかかります。寒いのでコート必須。

ファーム(牧場)

元ゴルフ場を自然溢れる牧場へ変換。ゴルフ場で使うキャリーを使って広い牧場内を巡ることもできる。ハンモックで羊を見ながら、黄昏れることもできる。晴れた日に行きましょう。10月はイベントが少ないので注意が必要。ハロウィンイベントのみやってました。

ミナミナビーチ

大きな屋内プールです。家族とカップル向け。30分交代位で人工的な波を発生させてくれます。その波に揺られながら、ゆっくりまったりできます。所要時間は30分から45分位。そのまま同じ施設にある、お風呂へ行けるのは便利でした。

木林の湯

露天風呂が付いている唯一の大浴場です。露天風呂はそんなに広くないので、平日の夜がオススメ。私の場合、平日木曜日の夜に独り占めできました。ただ、土曜日や日曜日になると、人が多く、動くのも大変になるので、お風呂は部屋で済まして、大浴場はパスするのもあり。

水の教会

普段は結婚式を行っている教会に20時30分~21時30分限定で入ることができます。幻想的な雰囲気を持っている教会です。滞在時間的には10分程度になるかと思いますので、少し夜に散歩したい時にオススメです。カップルの巣窟。

熱気球

6時00分から開始だけど、たぶんそれ以前からもやっていた。5時15分位からトマム専用TVチャンネルor受付へ電話をすると、当日やっているのかどうか聞くことが出来ます。晴れていても、風が強かったら中止になるようです。ミナミナビーチ行きのバスに乗り、途中で下ろしてもらうのがベスト。帰りも同様に途中からバスに乗せてもらえます。待ち時間は30分をイメージしておくと良い。

レストラン

4日間で合計8店舗に行きました。
諸々の所感を書いていきます。

ジンギスカンキング(夜)

予約不要。ジンギスカンを食べるならここ!というかここしか無い。ザ・タワーから近く、アクセスが良いのでオススメ。肉の味も勿論最高でした。1万円で2人分のコースが食べられます。

スープカレーGARAKU(昼)

予約不要。1日目のお昼に食べました。有名店なので、味は間違いない。ホタルストリートにあります。ライスにレモンを絞るのがここの食べ方。

ワインハウス(夜)

夜に手軽に寄れるワインバー。ワインに詳しくなくても店員さんに聞けば、おすすめを紹介してくれました。全て北海道のワイン。少量から飲めるので、最後の一軒としてぜひ。

ファームデザインズ (昼)

食後のデザート。お昼でも夜でも何から甘い物を食べたくなったらここ。ケーキが売ってます。チーズケーキが美味しかったです。

グリーンキッチン(夜)

予約制のレストラン。他の予約制のレストランは数万円かかるリゾート価格ですが、ここは違う。6千円でアルコールも飲めて、沢山食べられる、庶民向けのレストラン。しかし、内装はお洒落で落ち着いた雰囲気。個人的に超オススメ。ぜひ予約を。

ニニヌプリ(朝)

海鮮丼が食べ放題の夢の朝食バイキング。日によって開店時間が違うのでそこは要注意。窓際の席に座ると、山の自然を見ながら食べることができます。早起きして早めに行きましょう!

hal-ハル- (朝)

雲海を見た日の朝にオススメ。帰り道にあります。ニニヌプリと違って高級感あり。綺麗なバイキング。フレンチトーストは絶品。パンは種類も多くて絶品。

SORA(朝)

ホテルの高層階から絶景を見ながら、朝食を食べれる個室レストラン。ここは予約制なので、予約しましょう。ただし、チェックインした後でないと、予約ができないので、忘れないように。

スポンサーリンク

全体的所感

旅行前に星野リゾートトマムのHPの読み込みは必須。どこのレストランが予約可能で、どのレストランは予約不可なのか把握して、予約できるレストランは予約しよう。予約可能でオススメのレストランは「グリーンキッチン」、予約不可でオススメは「ジンギスカンキング」。

ホテルからミナミナビーチ、ゴンドラ乗り場までは車移動がオススメ。 バスは便利だけど、待ち時間が発生するので、少しの移動でも自分達の車で移動した方が効率が良い。

朝食レストランhalは座席は指定できない。ニニヌプリは逆に自分達で席を選べるから早めに行って、窓際の席でゆったりご飯が食べられます。レストランは日よって営業時間が異なるから、初日の受付でもらうパンフレットを読み込もう!朝食レストランは毎日違うお店に行った方が楽しいと感じました。

3泊4日等長期宿泊する人にとってもは星野リゾートはあくまでも拠点。富良野、美瑛、十勝、帯広などの観光を織り込まないと暇になる。ラフティングは星野リゾートと提携していない業者の方が沢山選択肢があるのでオススメ。「じゃらん」などで検索。個人的には十勝アウトドアメイツがオススメ。

散策が楽しい。チェックイン時に星のリゾート トマムの全体地図をもらうことができるので、ザ・タワーに泊まっている人はリゾナーレへ、リゾナーレの人はザ・タワーに散策に行くのがオススメ。それぞれ、違う良さがあり楽しめます。

以上。皆さんの楽しい旅行を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました